九星気学の内容について

九星気学

九星気学は、一白から九紫までの易の八卦から来ている九つの星である九星が循環することによって配当された年月日時の星とか干支とか東洋の陰陽五行の思想が組み合わさった方位占術のことを指して表します。

 

一白水星は水で二黒土星は土で三碧木星は木で四緑木星は木で五黄土星は土で六白金星は金で七赤金星は金で八白土星は土で九紫火星は火となっていて、この九星は全てが決まった法則で各方位を巡回するという形となっていて、自分の生年月日などを入力したりして占うことができる占術です。

 

決められた法則となっていますので、占うたびに結果が変わったりすることもありません。

 

ただ、この占いでは良いことばかりが書かれているというようなわけでもなく、凶方位の種類というものもあるのでそこにも目を向けておく必要があるということを忘れないようにしてくださいね。

 

この凶方位の種類は、毎年、毎月、毎日、毎時間違う九星とか干支の方位に対しての本命星との相性によって吉凶を判断するというもので、もしかしたら吉と出ずに凶と出てしまうこともあります。

 

凶方位の種類は、共通の4大凶方位以外にも九星で判断することのできる本命殺や本命的殺や小児殺を合わせた7つの凶方位も存在しているのです。

 

方位の吉凶の中でも最も注意が必要な危ない方位と言われているのが、五黄殺(ごおうさつ)で暗剣殺(あんけんさつ)という反対の方位にも同時に注意をしないといけないみたいですね。

 

この2つの方位が最も危険な方位とされていますので、この九星気学を電話占いを通して行なってもらうというような場合には特に注意をした方が良いと思います。

 

また、吉方位以上に凶方位が沢山あるので、その点には特に注意を払う必要があるみたいですね。