人気の電話占い情報

ルーン占いは、私が好きな占いの一つです。ルーン文字というのはご存知でしょうか?一見すると魔術の文字のようですが、一説によるとアルファベットの原型にもなったと言われる、実在する文字です。

 

発祥ははっきりと判明してはいませんが、古代ルーン文字がデンマークで発見されたことから、デンマークが発祥ではないのかとも言われています。アルファベットが生まれるまで、ヨーロッパ全土でルーン文字は使われていました。

 

このルーン文字から占いをするのが、ルーン占いです。ルーン文字は表意文字(ひとつひとつの文字が意味を表している文字)であり、その文字が示す意味から感じ取り占いを行なっていきます。

 

ルーンは古来から神聖な文字として扱われていて、歴史上でも占いや護符作りに多く使われてきたという事実があります。表意文字ならばどんな文字でも占いは理論上可能ですが、上記の時代背景から、ルーン文字は占いに適したものなのです。

 

占いがお好きな人でしたら、タロット占いをされたこともあるかもしれません。タロット占いとルーン占いは非常に似ていて、タロット占い経験者でしたらルーン占いにもすんなり馴染めると思います。

 

ルーン占いは25文字のルーン文字を用い行いますので、タロットで言えばメジャーアルカナのみの占いに近いと感じられるでしょう。ですが全く同じというわけではなく、ルーン占いには独自の特徴があります。

 

第一に、タロット占いではカードを用いますが、ルーンは木片や小石を用います。第二に、タロット占いではカードの絵柄から、あまり知識が深くなくてもなんとなく意味がつかめてしまうことがありますが、ルーンでは、文字に応じた意味を汲み取る直感力や想像力が必要になってきます。

 

ではルーンにカードが存在しないかというと、そんなことはありません。ルーン専用カードというのは存在し、占いのグッズを扱っている大きいお店ならば大抵置いてあるでしょう。占いに使う石も売られてはいますが、オススメなのは自作です。

 

石や木片に自分の手でルーン文字を刻み込み、その文字に色をつけるのです。自分で作った道具で占いをするのは、独特の感動があって感慨深いものですよ。ルーン占いには大きく分けて3種類の次のような方法があります。

 

・ルーン専用カード、カードに書かれているルーンを使いタロットのように占います。
・ルーンドローイング、小石や木片で作られたルーンを袋に入れ、その中からいくつかを取り出していく占い方です。
・ルーンキャスティング、地面に丸を書き、その真ん中に立ちルーンを空に投げます。落ちたルーンの中で自分に近いものや丸の中にあるものを見て、占いの判断材料にします。3種類の中で一番知識が必要な、高度な占いと言われています。