人気の電話占い情報

前にも後ろにも進まないつらい片想いに悩み、電話占いを利用される方も大変多いようです。

 

片想いの場合、どうしても相手の本心が分からない面がありますので「相手とどう接していいのかわからない」「もしかしたら恋人がいるんじゃないの?」「私のことをどう思っているの?」と心配や不安ばかりが先走ることが多いものです。そんな相手の気持ちが知りたいときに役立つのが電話占いです。

 

電話占いでは、相手の気持ちや状況、これからの相手の行動、2人の今後の状況などを細かく占える、実力のある占い師が多数在籍しています。片想いの場合、とくに適した占術は卜占(ぼくせん)です。

 

タロットカードや易、西洋占星術(ホラリー占星術)、水晶占い、コイン占い、ルーン占いなど、偶然性を利用した占いが最適なのです。生年月日を基に占う命(めい)の占いでは、相手の好みの異性のタイプや相性はすぐに分かりますが、相手の今の気持ちは決して占うことができません。「この片想いがこの先どうなるの?

 

恋は成就するの?あの人は今、何を考えているの?」このような相談なら迷わず卜占を選びましょう。

 

多くの占い師は、命の占いと卜の占いの両方を習得し、どのような質問にも即座に答えがだせるように日々研鑽をつんでいます。ですから電話占いサイトでどの先生にしようかと迷ったときも、顔写真や自己紹介文から「直感」で占い師を選んでも大丈夫なのです。

 

またユーザーからの評価を参考にしてもいいですね。占い師の自己紹介文に「恋愛が得意です」「相手の気持ち、本心を読むことが得意です」「複雑な恋愛問題も大丈夫です」と書かれた占い師はとくにおすすめですよ。

 

何でも占える占い師といっても、それぞれ向き不向きがあるものです。ですからあらかじめ占い師の自己紹介文やユーザーからの評価を読んだうえで、慎重に先生を選ぶことが大事なのですね。

 

恋愛に強い先生は、展開したカードから相手の本心を読みとり、どのように行動すればいいのかを的確にアドバイスできるものです。それから片想いの場合、どうしても状況が変わりやすくなってきます。

 

とくに依頼者があれこれとアクションを起こした場合、相手のちょっとした行動や言葉遣いに敏感に反応してしまうものです。でもそのたびに相手の気持ちを確かめようと、占いにべったりと頼ってしまうのは危険です。占料がかさんで、いつの間には数万円、数十万円の請求書が来ていた、なんてことも。悩みや心配事を相談できるのは本当に心強いものですが、節度も大切です。

続きを読む≫ 2014/02/19 15:36:19

ずっとつきあっている恋人や親友との本当の関係が知りたい。もしかしたら「前世からの深い因縁」があるのかも?ひょっとしたら彼はソウルメイト?そんな疑問が浮かんだとき、ぜひ占ってもらいたいとのが前世占いです。

 

前世占いと聞くと「ちょっとアヤシイ」と思うかもしれませんね。インターネット上には、無料で占える前世占いがたくさん存在しています。ちょっと試してみると「あなたの前世はコオロギでした」「実は天草四郎でした」そんなびっくりするような占断結果が出てくることもあります。

 

的中率や真面目さよりも、お遊び感覚で楽しめればいいという姿勢で作られたものが多いようですね。けれど有料で受ける電話占いサービスに「前世はコオロギ」や「天草四郎」はまずありえません。

 

前世占いを得意とする占い師は、総じて感受性が鋭く、イメージの世界で依頼者の前世を見ることができます。つまり霊感や霊視での占いを得意とする占い師が、前世占いにもっとも適しているということなんですね。

 

前世占いに興味のある方は、占い師のプロフィールを十分にチェックしてから申しこみましょう。前世占いが得意ではない占い師に依頼しても、占いそのものを断られるか、もしくは要領を得ない占断結果を聞かされることになるでしょう。

 

以前、実際に前世占いをしてもらった方の感想を聞いたことがあります。さまざまな障害を乗りこえて結ばれた旦那さんとの前世を聞き、その因縁の強さを知り感動した、さらに2人の愛情が深まったとおっしゃっていました。

 

前世の関係を知ることで現世でのお互いの役割や、絆の強さを知る――それこそが前世占いの一番の効用なのかもしれません。また夫婦や恋人同士の前世だけでなく、依頼者個人の前世をみることも可能です。

 

自分の行動や性格に気になる点があれば、もしかしたら前世から引きずってきた何かの原因があるのかもしれません。もしそれを解き明かすことができるなら、現世で抱えこんだ困難や悩みから解放されるかもしれません。

 

依頼者の人生を明るく、前向きな方向へ導いていくための方法として、前世を見るという方法を試してみてください。電話占いならお互いの顔が見えなくても声の印象やイメージだけで占うことが可能です。

 

占い師のプロフィールに「スピリチュアル」「ソウルメイト」「前世」「過去世」などのキーワードが並んでいた場合、前世占いが可能な場合が多いようです。一度問い合わせをしてみましょう。

続きを読む≫ 2014/02/19 15:36:19

「彼からメールの返事がずっと来ない。私のことを嫌いになったの?なんで?」「婚活イベントで知り合った彼女と、最終的に結婚できるかどうか知りたい」「実はずっと不倫で悩んでいて…」電話占いに実際に寄せられる相談内容で、ダントツに多いが恋愛や結婚に関する相談です。

 

これらの相談がなぜ多いのでしょうか?

 

もちろん良い恋愛をして幸せな結婚をすることは、人生を充実させてくれます。生涯愛しあい信頼しあえる「人生の伴侶」を求めるのは、人間として当然のことです。けれどそれ以外にも、恋愛相談が多く寄せられる理由に「相談者一人の問題ではない」という事情も。

 

恋愛や結婚の悩み相談には相談者だけでなく、必ず「恋人」や「片想いの相手」という相談者以外の人物がからんできます。相談者が一人でガムシャラに頑張れば何とかなる、そんな問題ではないので複雑になりがちなのですね。

 

ところで恋愛相談によく使われる占いの方法(占術)に「タロット占い」があります。恋愛相談で多いのが「彼(彼女)の気持ちが知りたい」というもの。片想いの方にとって一番気になるのは相手の気持ちではないでしょうか?

 

「あの人にとって私って何?友達?それとも…?」そんな悩みを抱えて苦しんでいる方にとって、相手の気持ちを知る方法があるのなら藁にもすがりたいもの。タロット占いなら、相手の今の気持ち、これからの二人の関係、最終的結果を占うことができます。

 

ではなぜ、タロット占いが恋愛相談に適しているのでしょうか?占いは大きく分けて命・卜(ぼく)・相(そう)の3種類あると言われています。相の占いは顔相や手相で占う方法なので電話占いには基本的に適しません。

 

電話占いで主に使われるのは命と卜の占いです。その中でも卜の占いは、偶然出たカードが過去・現在・未来を示すものという前提で占いを進めていきます。ですから当たる占い師とは、依頼者の質問に的確にカードが引ける才能を持った方なんですね。

 

設問に対して正しいカードが引けるのなら、例えば彼がこの先どんな行動を起こすかを正確に予測できます。この卜占に関してはタロット以外にも易、トランプ占い、コイン占い、西洋占星術(ホラリー占星術)、ルーンなどがあります。

 

もし恋愛相談で、これから先の二人の未来を予測したいのなら、卜占が得意な占い師を指名するとベストですね。どんな占い師を選べばいいのか分からないときは、電話占いをする前に事務局に「恋愛占いに強い先生、おすすめの先生は誰ですか?」と聞いておくといいでしょう。

続きを読む≫ 2014/02/19 15:35:19

「良い電話占い」と聞いても、今ひとつピンときませんね。「どんなサービスを選べばいいのか分からない」という方のために、良い電話占いサービスの基準をここで説明しましょう、まず、利用料金がしっかりと明示され嘘がないこと。

 

そして占い師が故意に話しの引き延ばしを行わず、霊験あらたかな壺やパワーストーンを販売しようとせず、質の高い占い鑑定サービスが提供できている会社が「良い電話占い」です。これらの条件をきちんとクリアできている電話占いサービスを選ぶためには、口コミを利用するといいでしょう。

 

インターネット上には電話占いを実際に利用したユーザーが、直接意見を書きこむ掲示板があります。良いサービスを選びたいのならそれらを参考にするのも手です。電話占いサービスによっては「ユーザーの声」と呼ばれる「利用者の感想」を公開しているところもあります。

 

けれどもその大部分は、占い師や電話占いサービスへの肯定的で好意的な感想ばかり。意図的ではないと思いますが公開される感想に、占い師への批判や「当たらなかった」等の率直な感想は投稿しにくいものです。

 

ですからネガティブな意見も参考にしつつ判断したいのなら、電話占いサービスへの口コミを探してみましょう。それから実際にサービスを利用してみて、故意に話の引きのばしをする占い師がいると思ったら、すぐに電話を切ってもいいのですよ。

 

電話占いでは、占い師への報酬は1分あたりのいくらと決まっています。そのためより多くのお金を稼ぎたい占い師は、わざと相談内容を長引かせようとするのです。占いとはまったく関係ない個人的な身の上話や自慢話を始めるような占い師は、残念ながら信頼できる占者とは言えません。

 

そのような占い師がいたら、あとで事務局に報告することもお忘れなく。また注意して欲しい点としては、前世の因縁を絶つ掛け軸や幸運を呼ぶ壺などを販売しようとする占い師がいることですね。このような物品の販売を、会社ぐるみで行っていることもあります。

 

こうなると悪質ですね。わざと相談者の不安をあおるようなことを言い、その不安を解消するために物品を販売するような会社は明らかに「悪徳電話占い会社」です。このような会社や占い師はインターネット上で名前があがっていることも。

 

良い電話占いサービスを探すためには、ネット上のSNSや掲示板を有効に使って情報交換を行いましょう。ネット上では電話占いサイトのランキングもありますから参考にすることもできますね。もちろん信頼できる、できないは自己判断・自己責任でお願いします。

続きを読む≫ 2013/12/13 15:13:13

電話占いを利用するための料金って、一番気になるものですね。一体いくらのお金がかかるのでしょうか?実はこの料金、各電話占い会社によって違うんです。電話占いの料金は1分でいくら、という計算方法で請求されるのが一般的です。

 

ですから30分利用した場合に1分200円だったとすると、単純計算で6000円の利用料金になりますね。ほとんどがこの1分あたりいくらという計算方法で利用料が算出されます。でも中には最初の20分が3000円で、それ以後1分180円加算されるようなシステムもありますね。

 

また1分あたりの料金も、人気のある先生なら500円以上という高額な利用料金が設定されていることも。1分あたりの料金がいくら高くても、よく当たる人気のある先生なら予約が殺到してなかなか占ってもらえないこともあります。

 

もちろん料金が高ければ必ず満足できる、という単純なものでもないのです。けれども1分あたりのどれくらいの料金設定がなされているかで、その占い師の人気や実力をうかがい知ることができますよ。

 

電話占い会社によっては所属する占い師にランクをつけて、まだ経験の少ない占い師は1分180円、中堅どころの先生なら200〜250円、人気が上がれば300円と差をつけているところもあります。

 

また所属する占い師は全員一律1分200円と決めている会社もありますので、料金についてはその都度確認した方がいいですね。それから占って欲しい先生を指名すると、別途指名料金を請求されることもありますので、ちゃんと聞いておきましょう。

 

それから占料とは別に、電話料金が発生することも忘れないでください。携帯電話やスマホから利用すると、気がついたら電話料金だけでも数千円になってしまいます。別に占いの代金も請求されますので、あらかじめ予算を決めて「相談するのは30分だけ」と時間を決めておきましょう。

 

お金がないときは鑑定が始まる前に「20分以内でお願いします」と言えば問題ありません。プロの占い師であれば、クライアントの要求にしっかり応えるだけの実力を持っています。ちょっとわがままかな?と思えることでも大丈夫です。

続きを読む≫ 2013/12/13 15:13:13

いつでもどこでも電話さえあれば気軽に悩み相談にのってくれる電話占い。固定電話はもちろん携帯電話、スマホからでも相談可能です。外出先からでも、そしていつでも気軽に相談できるのが嬉しいですね。そんな便利な電話占いですが、どのように利用すればいいのでしょうか?

 

もちろん電話占い会社によって利用方法に違いはありますが、利用方法に大きな差はありません。

 

まず利用したい会社がホームページを持っていればそのサイトで利用者登録を行います。初めての方は使い方がよく分からないかもしれませんが、イラストつき、または動画で詳しい利用方法が紹介されていますので参考にしましょうね。

 

利用者登録自体は簡単で、メールアドレス(携帯電話やスマホのメアドでOK)と任意のユーザー名を入力して送信するだけです。すると占い会社から折り返し認証用のメールが届きましので、指定されたリンク先をクリックするだけで登録が終了します。

 

1分もかからないので気軽に利用できるのが電話占いの特長です。利用者登録が終われば料金の支払い方法を選択し、いよいよ利用開始となります。インターネットサイトや携帯版・スマホ版のサイトを持っている電話占いサービスなら、好きな先生が選べます。

 

人気のある先生は、予約がすぐに埋まることも珍しくありません。けれどもお気に入り登録をしておけば、お目当ての先生の予約が可能になったタイミングですぐにメールが送られてきます。携帯やスマホでメールが受信できればすぐに予約が可能な便利なサービスです。

 

「どうしてもこの先生に占って欲しい」という方がいれば、是非利用しましょう。電話占いサービスは本当にたくさんありますので、あなたに合ったサービスを探してみるのもいいですね。

 

電話占いの利用法としては、インターネットサイトだけでなく、ハローページに掲載されている電話占いを利用する、というパターンもありますね。その場合は指定された電話番号に電話をするだけ。電話占いの大きなメリットはすぐに利用できる点です。

続きを読む≫ 2013/12/13 15:12:13

「最近彼から電話がかかってこない。どうしたんだろう?」「転職はちゃんと成功するかしら?」他人から見れば些細な不安や心配事でも、本人にとっては大きな問題です。心に不安を抱えたとき、あなたならどうしますか?

 

中にはお友達や恋人、家族に相談する方もいるでしょう。でももしあなたの悩みが、友人に相談できないような深刻な問題だったら…。誰にも言えない不安や心配ごとを一人で抱えこんでいると、ストレスが溜まってしまいます。

 

そしてそのストレスで心が苦しくなることも。誰にも言えない悩みや不安を解消するための方法として、電話占いを利用するという選択がありますよ。占いと聞くと「うさんくさい」「本当に当たるの?」と疑ったり不安を持つかもしれませんね。

 

でも今は、電話占いで相談事をする方がずいぶん増えました。ユーザーの数も電話占いの会社も増える一方なのです。でも一昔前は違いました。きちんと占いをしてもらうためには直接占い師の元を訪ねるか、占い専門のお店まで出向く必要があったんです。

 

でも今は電話をかけるだけで、プロの占い師と直接電話で相談することができるようになりましたね。それに電話占いは便利なだけではないんです。知っていますか?電話占いで相談を受ける占い師の中には、テレビや雑誌で活躍している有名な方もいるんですよ。

 

相談も24時間受け付けている会社もありますので、真夜中に急に不安になって電話をかけるということも可能です。いつでも手軽に、そして親身に相談にのってくれる、それが電話占いなんです。

 

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:11:13

ルーン占いは、私が好きな占いの一つです。ルーン文字というのはご存知でしょうか?一見すると魔術の文字のようですが、一説によるとアルファベットの原型にもなったと言われる、実在する文字です。

 

発祥ははっきりと判明してはいませんが、古代ルーン文字がデンマークで発見されたことから、デンマークが発祥ではないのかとも言われています。アルファベットが生まれるまで、ヨーロッパ全土でルーン文字は使われていました。

 

このルーン文字から占いをするのが、ルーン占いです。ルーン文字は表意文字(ひとつひとつの文字が意味を表している文字)であり、その文字が示す意味から感じ取り占いを行なっていきます。

 

ルーンは古来から神聖な文字として扱われていて、歴史上でも占いや護符作りに多く使われてきたという事実があります。表意文字ならばどんな文字でも占いは理論上可能ですが、上記の時代背景から、ルーン文字は占いに適したものなのです。

 

占いがお好きな人でしたら、タロット占いをされたこともあるかもしれません。タロット占いとルーン占いは非常に似ていて、タロット占い経験者でしたらルーン占いにもすんなり馴染めると思います。

 

ルーン占いは25文字のルーン文字を用い行いますので、タロットで言えばメジャーアルカナのみの占いに近いと感じられるでしょう。ですが全く同じというわけではなく、ルーン占いには独自の特徴があります。

 

第一に、タロット占いではカードを用いますが、ルーンは木片や小石を用います。第二に、タロット占いではカードの絵柄から、あまり知識が深くなくてもなんとなく意味がつかめてしまうことがありますが、ルーンでは、文字に応じた意味を汲み取る直感力や想像力が必要になってきます。

 

ではルーンにカードが存在しないかというと、そんなことはありません。ルーン専用カードというのは存在し、占いのグッズを扱っている大きいお店ならば大抵置いてあるでしょう。占いに使う石も売られてはいますが、オススメなのは自作です。

 

石や木片に自分の手でルーン文字を刻み込み、その文字に色をつけるのです。自分で作った道具で占いをするのは、独特の感動があって感慨深いものですよ。ルーン占いには大きく分けて3種類の次のような方法があります。

 

・ルーン専用カード、カードに書かれているルーンを使いタロットのように占います。
・ルーンドローイング、小石や木片で作られたルーンを袋に入れ、その中からいくつかを取り出していく占い方です。
・ルーンキャスティング、地面に丸を書き、その真ん中に立ちルーンを空に投げます。落ちたルーンの中で自分に近いものや丸の中にあるものを見て、占いの判断材料にします。3種類の中で一番知識が必要な、高度な占いと言われています。

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:10:13

人間として生活をしている以上、悩みというのは尽きませんよね。一人で悩み、苦しみを抱え込むのはとても辛いことだと思います。人と会うのに外へは出たくないけど、誰かに悩みを話したい。

 

そんなとき、電話でカウンセリングをしてくれるカウンセラーさんを利用してみるのはいかがでしょうか?私は中学生の時、両親の不仲と友人とのトラブルで、心に大きな悲しみを抱えていました。

 

そんな時、電話でカウンセリングをしてくれるカウンセラーさんの存在を知りました。最初はかける気が起きず、カウンセラーさんにつながる電話番号だけを常に持ち歩いていました。ある日私は、両親の間に流れる空気に耐えられず、こっそりと外出をしました。

 

行き場をなくした私は、しばらく町を歩き回り、誰もいない公園の公衆電話を見つけました。この電話の先には、話を聞いてくれる人がいるかもしれない。そのかすかな望みを胸に、私は番号を一つ一つ、間違えないようにゆっくりと押しました。そ

 

れでも全て押し終える前に、何度か受話器を下ろしてしまい、テレホンカードが毎回戻ってきました。やっとのことでかけることができ、数回のコールの後、電話の向こうから、優しそうなおばさんの声が聞こえてきました。

 

私はドギマギしてしまい、「お忙しいところスミマセン」と発するのがやっとでした。その短い単語でも少し噛んでしまったのを覚えています。おばさんは、「大丈夫ですよ、どうしましたか?」と微笑んでくれました。

 

顔は見えませんが、確かに微笑んでくれたのが分かったのです。私は、たどたどしいながらも、両親が最近不仲なこと、仲の良かった友人の態度が急に変わり疎遠になってしまったことなどを話しました。

 

おばさんは、余計な言葉を挟まず、私の言葉の一つ一つに耳を傾けてくれていました。私が一通り話し終えると、おばさんは、私が話したことに順番に、こうしたら良くなるかもしれないという、私でもできそうなことを教えてくれました。

 

それと同時に、立ち向かわなくてもいい方法も教えてくれました。人生で初めて、逃げても良いのだということを言われました。どうしようもならない時は、逃げても良い。その言葉は、逃げそうになる自分を責め続けていた私の心を癒してくれました。

 

知らないうちに、逃げそうな自分を責めることで、もっともっと苦しくなっていたことに気づきました。できそうなことをやって、無理をしすぎない。そう教えてもらったことで、気持ちがとても楽になりました。

 

状況はすぐには良くなりませんでしたが、落ち着いて構えることで、良くなっていく兆しを見ることができるようになりました。きっとあの時電話をかけていなかったら、私はずっと深い苦しみの中にいて、自分で自分を苦しみ続けていたでしょう。勇気を持って電話をかけてみて、また、あのおばさんと話せて本当に良かったと感じています。

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:10:13

私がダウジングに初めて出会ったのは、幼い頃に見たテレビ番組でした。行方不明の女の子を探すということで、海外の霊能者と言われる人が、何かの紐を持ち揺らしながら、その子の足跡を解き明かしていくというものでした。

 

適度に盛り上がったところで、「調査は続く」ということで番組の時間は終わりを迎えてしまいました。そのあとその事件がどうなったのか、私は知りません。後に私は、占いグッズを扱っているお店で、ダウジングは占いにも使えるということを知りました。

 

長いチェーンの片方にダイヤ型の石、もう片方には四角や丸といった様々な形の石やモチーフがついているそれは、ペンデュラムといって、ダウジングに使われるアイテムでした。趣向を凝らしたデザインと美しさに私は夢中になり、思わずその場で一つ購入をしてしまいました。

 

眺めているだけでも良かったのですが、せっかくペンデュラムを手にしたのですから、私はダウジングを使った占いについて少し勉強をすることにしました。元々ダウジングとは、地下の水脈を探すために使われる手法でした。

 

2本の棒を持って歩き回るといった映像もテレビで見た記憶があります。ダウジングは占いとして生まれたものではなく、今日では、心身ともにリラックスをし潜在能力を引き出す手法として占いという形をとり、存在しています。

 

何よりも魅力的なのが、ペンデュラムさえあれば、どこでもいつでも、すぐにダウジングをすることです。カードや他の道具を使うものより、はるかに簡単ですよね。自分の潜在意識だけを利用するため、覚えることが少ないのも特徴です。占いの方法もとてもシンプルです。まずは心も体も落ち着かせ、深くリラックスします。適度な長さでペンデュラムを垂らし、余った部分は手の中で包み込んでください。

 

心の奥底にいる自分に、「YESを見せてください」と問いかけます。そうすると、ペンデュラムの先端のボブが動き出します。人により動き方は違いますが、それがあなたの「YES」です。最初はなかなかペンデュラムが動かないかもしれませんが、毎日続けていると動くようになってきます。

 

まずは練習からです。「YES」が分かるようになってきたら、次は同じように「NO」の動きを見ます。「YES」と「NO」の違いが分かるようになったら、準備は完了です。まずは、答えが明確な質問をしてみましょう。例として言うなら、「私は男ですか?」などです。

 

この段階では、感情で答えが変わってしまったり、はっきりとしない未来については聞かないようにしましょう。ペンデュラムが正しく動くようになれば、これでダウジングの扉は開かれました。リラックスして、楽しみながらダウジングをしていきましょう。

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:08:13

私が小学生の頃に最もはまっていたのが、夢占いです。比較的夢を見たと気づくことが多いので、それが意味を持つと思うと、楽しくて仕方がありませんでした。枕元には常に夢占いの本を置いていて、朝起きて夢を覚えているうちに急いでその本を開いては、一人うんうんと頷いていました。

 

皆さんも度々夢を見ると思うのですが、その時は是非、夢占いをしてみてください。思いがけない自分の深層心理に出会えるかもしれません。今回は、私が見ることが多かった夢と、それに関して占っていただいた結果をいくつかご紹介いたします。

 

落ちる夢。ビクッとなって起きる定番の夢です。私の場合は大体、砂山のような高いところに立っていて、その上から助走をつけ思い切り飛び降りるという順番で進んでいきます。落ちる→恐怖心、不安を示します。

 

失敗することを恐れる気持ちや大切なものが壊れてしまうのではないかという不安など、マイナスな心理状態を抱いています。高所からの落下→将来への不安や恐怖心を示しています。

 

目標や望みなど、目指すものと求めるものが高くなってしまいついていけなくなってしまうこと、理想に追いつけなくなってしまうことへの焦りや落胆など、理想と現実のギャップに苦しむことになるのかもしれません。

 

砂→よい暮らし、よい生活への思い、自分のレベルアップに向けての意欲があるのかもしれません。総合すると、自分のたどり着こうとしている位置が高すぎて、焦りや不安や恐れを抱いているという状態のようです。

 

確かに昔から、いつも色々な夢を心に抱いていました。その夢を叶えたくて、でもなかなか叶わなくて。そんな歯がゆい思いが夢にも現れていたんですね。今は、出来る限り無理をしないよう、自分の手の届く範囲で頑張ろうとしています。

 

ショッピングセンターで幽霊に会う夢。これも何年かおきに必ず見る夢です。いつも同じショッピングセンターに私はいて、上層階にあるゲームセンターから、階段を使って下の階に移動しています。

 

ですがその階段はとても暗く、非常口のライトのようにぼんやりとした青い光しか照らすものがありません。そこの踊り場に、必ず同じ幽霊がいるんです。姿形は思い出せませんが、同じだということはハッキリ分かるんです。

 

最初に見た小さい頃は恐怖心もありましたが、今では何度も見たことのあるホラー映画のようで、大人になったこともあり怖さはあまり感じません。ゲームセンター→日常に退屈さを感じてうんざり気味。

 

刺激を求めているのかも。薄暗い→悩み事やストレス、疲れなど不安定な精神状態にあるのかも。階段→降りる夢ならば、気持ちが沈みがちになっていて、運気は下降気味。幽霊→何かハッキリしないことがあって、事実を知りたいと思っている。

 

総合すると、何かはっきりとしないけれども退屈を感じていて、それに疲れてしまっているということでしょうか。思い返してみると、学校でも職場でも、悩んでいる時にこの夢を見たかもしれません。

 

何より面白いのが、今回お話した二つの夢は全く違うものなのに、夢占いに基づいて中を読み解いてみると、本質は似ているという部分です。最近夢を見ても夢占いをあまりしていませんでしたが、またやってみようかな、と思いました。

 

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:07:13

易というと私は、街の片隅にひっそりと座っている易者さんを思い浮かべます。以前私が住んでいた町では、同じ場所に定期的に易者さんが座っているのを見かけました。

 

易者さんといえば、特徴的なのが、細長い棒をたくさんじゃらじゃらと持ちながら、それをより分けているイメージがありますよね。

 

あれはもちろん適当ではなく、古くから伝わる占い方に基づいた手段なのです。棒の名を筮竹と呼び、50本の筮竹を用いることで占っていきます。筮竹を用いた占い方は大きく分けて3種類ありますが、実際に自分で筮竹を用意して占うのはとても大変です。

 

前述した易者さんとは違うのですが、私も一度易占いをしていただきたいと思い体験してみました。その時の結果はこんなふうに出ました。・職場運、退職するのかそうでないのかという分かれ道にある。より充実する方向に進まなければならない。

 

ちょうどこの時、その時していた仕事と新しい仕事の間で揺れていました。結果的に転職を決意したのですが、元々の動機がもっと充実した仕事がしたいということだったので、本当にぴったりでした。

 

・金銭の問題、金銭運が良くない時
収入より支出が大きいから、難しい時だ。不必要な消耗、支出を減らして節約しなさい。
無駄遣いをする性格ではなかったのですが、この時期は何かと出費が多く確かに節約せざるを得ませんでした。

 

・恋愛、不吉な時期
成り立っても後日に不吉になる可能性が大きい。縁ではないと諦めるが吉。*少し気になる人がいたにはいたのですが、気になるという段階で止まり、成立することはありませんでした。きっとご縁がなかったんですね。

 

・引越し、吉運が伴う時期
ただ、適当な場所がなければそのままいても良い。
転職と引越しを同時に考えていましたが、思ったよりも条件の良いところがなかったので、引越しはしませんでした。実際、今の家がとても気に入っています。

 

・出張や旅行、吉運が伴う
旅行には楽しさが伴う。学問探求や芸術のための出行では、特に有益な結果を得ることができる。
この時期ちょうどカメラに興味が出ていて、買ったばかりのカメラを片手に旅行に行きました。とても楽しかったなぁ。

 

・本人の疾病、西の方に位置する医者に診療を受けるか、薬を求めれば、効果が大きい
たいてい頭痛疾患がよく出る卦。肝が悪くて胃腸機能に問題が起こることがある。食事をきちんと食べる事ができなくて、熱が出ることがある。
元々偏頭痛持ちだったのですが、職場での悩みも相まり度々頭痛に悩まされていました。

 

・健康、病気がでればよくない時
あらかじめ健康管理をすること。お酒に注意して食習慣を留意すること。
健康に気を使った食生活を心がけていたところだったので、驚きました。

 

・失物、捜す事ができない。きっぱりと諦めるが吉
うっかり屋なところがあるので、もしかしたら失くしたものに気づいていないかもしれません。失くしたものを失くしたと気づかなければ、失くしたことにはならない、なんてことはありませんよね。

続きを読む≫ 2013/12/13 15:05:13

数秘学。秘という文字が入っただけで、なんだか神秘的で広がりのある世界を想像してしまうのは、私が占い好きだからかもしれません。数秘学は数秘術とも呼ばれ、西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名です。

 

占術の方法としては「命術」というものを用い、占う対象の生年月日や姓名などから、数秘学の固有の計算式に基づいて運勢の傾向や先天的な宿命を占うものです。カバラというと、占いに興味がある人なら頷いてしまうものですよね。

 

カバラは、全ての神秘を解く鍵と言われ、西洋魔術にも影響を与えている古代のものです。そこから生まれた数秘術は、深層心理、相性、運勢など、人を様々な角度から分析し解明してくれます。神秘と聞いたら黙っていられません。

 

私は早速、とある先生にカバラで占ってもらいました。まずは私の性格診断から、当たっている!と感じたものを。情にとても厚く、強い者から弱い者を守るというような親分肌の持ち主です。

 

正義感が強く間違っているようなことは許せない、集団で過ごすようになった幼稚園の頃から、私はとにかく正義感の強い子だと言われていました。クラスの子をいじめるいじめっ子と取っ組み合いの喧嘩をしてしまったこともありました。

 

周囲から頼られリーダーを務める人が多い、私は私自身がそんな人間だと思ってはいないのですが、何故か人から頼られ、気づけばリーダーの役割を背負っていたことが多かったです。

 

委員長とか、部長とか、長がつくものに縁深かったかも。相手の心が手にとるように解るので、相手の立場で物事を考え助けてあげられる、人を救えていたかは分かりませんが、感受性が強く、人の心と同化をしてしまうことは度々ありました。

 

周囲の環境から様々な影響を受け、複雑な性格をしていますが、なるようになると考える呑気なところもあり、優柔不断なところも、なるようになるさーって、気づくと言っている気がします。確かにちょっと優柔不断なところもあるかも。

 

次に、ペルソナと呼ばれる、本心を隠している時に人に与える印象を。知的好奇心が強く何についても知りたがる傾向にあり、臨機応変に物事を処理し、人に何かを教えるのも得意、今でもそうなんですが、小さい頃から、この世の全てのことを知ってみたいと思っています。

 

学校の授業などもとても楽しくて、気づくと私も教える側に回っていたことも多々ありました。孤独を求める傾向もありますが、ほとんどの場合、友好的で楽しい雰囲気作りに励む、これはおお!と思ってしまいました。

 

人が多いところにいると急に静かな場所で一人になりたくなるんですけど、集団の中にいると皆が仲良く楽しくして欲しいって思うんです。今回は基本的な性格診断だけでしたが、それだけでもうんうんと頷けてしまうことがたくさんありました。

 

カバラでは性格診断だけでなく、未来の運勢や相性診断、現在の運勢なども的確に占えるそうです。今度は未来を見てもらいたいと思う反面、ちょっと覗くのが怖い気持ちもあります。それも占いの醍醐味ですよね。

 

続きを読む≫ 2013/12/13 15:04:13

日本人の誰しもが持っているもの。それは名前です。誰かが一生懸命に考え、そして私たちはその名を付けられました。人が最初に与えられる贈り物と言われる名前ですが、日本人は名前を重んじ、その子が幸せになるようにと様々に悩んで名を付けています。

 

私の友人ですが、その子の両親は、子供が幸せになって欲しいと願い、お坊さんに名付けを依頼したそうです。その子もその名前をとても気に入っています。自分で子供に名を付けようと思ったとき、姓名判断を用いて名前を決めていくという人も少なくはありません。

 

姓名判断とは、苗字・名前の画数を総合して、その人の運勢を占っていくというものです。苗字の合計画数で天運、苗字の下1文字と、名前の上1文字の合計画数で人運、名前の合計画数で地運、総運から人運を引いた画数で外運、苗字と名前の合計画数で総運を占います。

 

ちなみに私の名前は、総運32画、人運27画、外運22画、地運17画、天運15画という結果でした。これから見ると次のような結果が導き出されます。

 

総運は32画の大吉。柔軟性・金運・成功・僥倖・多幸・天恵・躍動、人生を表す1番重要な運勢です。

 

人運は27画の半吉。摩擦・孤立・受難・頭脳明晰・猛進・強情、20〜50歳くらいまの中年期の運勢を表します。性格や才能等について表す非常に重要なものです。人間関係や協調性といような社会的な成功に影響します。

 

外運は22画の凶。努力不足・衰退・無力・薄弱・霊感・芸術、生活面を象徴する運勢です。外部から受ける影響力を表し、結婚運、家庭運や職場、環境への順応性を表します。

 

地運は17画の吉。積極的・地位・財産・権威・積極性・純粋・直感、個性といったものを表す基礎的な運勢になります。性格形成や対人関係、行動力など家庭環境に影響されます。主に生まれてから20歳くらいまでの若年期の運勢を表します。

 

天運は15画の吉。人徳・出世・順調・徳望・穏和・円満、家系が持つ宿命的な運勢を表します。祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。これを見て、私は思わず笑ってしまいました。痛いところを突かれてもいますし、なんだか嬉しい部分もあります。

 

生活面や若い頃はイマイチのようですが、全体的に見ていくとおおむね良さそうですよね。確かに、思い返してみると今まではこんな感じの人生を送ってきた気がします。若年・中年とあまり良くないけど総合的に見て良いということは、これは老年期に何かビックチャンスがありそうですね。

 

中年期にできるだけ、晩年に備えた礎づくりが大切になってきそうです。想像するに、若年・中年と蓄えた知識と技術で、晩年になり事業を興して大成功、といったところでしょうか?少し位辛いことがあっても、良いことが待っているとあれば頑張って進んでいけそうですね。

続きを読む≫ 2013/12/13 15:02:13